« 『ユリイカ』ブログ特集イベント | トップページ | 最近のお仕事 »

2005.05.03

コンテンツかコミュニケーションか、対価はいくらか年収はいくらか

■ある記号の集積を「(価値のある)コンテンツ」=何らかの動かし難い「内容」として捉えるか、あるいは誰かからの道具的な「メッセージ」と捉えるか(コミュニケーション)は、その受容者の認識に依存する。

■そのような個々の認識は、社会的な構造によって形作られるいっぽう、個人的な偏差も当然生じるだろう。

■個人的な偏差をならしても、「誰もが『価値ある』と考える」ようなコンテンツは存在しない(今の福永祐一に必要なのは『言葉と物』ではまったくなく、秋にラインクラフトとシーザリオのどちらを選ぶべきか、についての判断であろう)。

■そうなると、コンテンツとコミュニケーションの「客観的」区分は、資本主義社会の元では「その記号系がカネに変換できる契機がどれだけ存在するか」という局面に求められ「がち」になる(それで決定される、ということではない。誰かが言った一言が、重要な「(価値のある)コンテンツ」として機能することはいくらでもある)。

■議論の混乱は、そのようなアウラ的かつ経済的な構図に依存する「コンテンツ/コミュニケーション」の流動的な区分を、記号集積に内在する「動かし難い」価値の区別として、各々の認識が捉えるときにこそ生じるだろう。

■そして、「これはコミュニケーション」「これはコンテンツ」「いや違う」「お前は何もわかってない」といった類の主観の側からの恣意が満開となるだろう。それが至ってさらには「コンテンツ主義者」「コミュニケーション主義者」というレッテル貼りが開始されるだろう。

■いま起こっていることはたぶんそういうことだ。

■カネとアウラの関係は各々の認識において相対的である、という単純な事実は、メディア論的な区分とはひとまず無関係である。

■メディア論的な区別(紙/ネット)と、それがコンテンツであるか/コミュニケーション(馴れ合い)であるか、の関係は4つの象限に(とりあえず、主観的に)分けることができる。

■面倒なので図示はしない。紙媒体に日常的に連載を抱える人、一世一代の論文を刊行する人、ネットにデータベースを構築する人、ブログで馴れ合う人。それらがまあ各象限のいちおうの理念型になろうか。

■で、そこに経済がどう絡むか、はまた別の問題だ。馴れ合いによってカネを稼ぐ人もいれば、無料で紀要に凄い論文を書く人もいる。

■基本的に、コンテンツとカネを直接交換するのはリスクが高いので、紙メディアでは属人的なファクターが経済におおいに関係する(出版物を出すためには編集者と知り合わなければならない)。

■資本主義社会の元では、カネがその行為(コンテンツであれ、コミュニケーションであれ)の「評価」と結びつく(とされがち)。

■いっぽう、ネットでカネを稼ぐことは、その行為の「評価」とは関わりない場合が多い。

■なぜなら、パケットを受け取り飛ばすことのコストは無料に近いから。

■紙はそういうわけにはいかない。粉川哲夫がかつて語ったように、こんにちの紙とは一種のディスプレイとして再定義される。つまり、軽くて表示されたものが変わりにくい画面、ハードウェアなのだ。その製造にかかるコストが(これまで無視されてきたが)よりクローズアップされてくる。知らないうちに。

■(経済的な)問題は記号系の方にではなく、ハードウェアの経済の方に存在する。コンテンツにもコミュニケーションにも、カネは必要ないのだ(ほんとうは)。

■まあそんなことはいいや。繰り返す。コンテンツはカネとは関わりない。さらに、それをめぐるコミュニケーションが「何がコンテンツであるか」「そのコンテンツはどのくらいのカネに対応するか」をある程度決定する。メディアを形作る経済構造が、そのコンテンツをカネに変えたり変えなかったりする。で、コミュニケーションとコンテンツの区別は、いつでも流動的だ。


■もう明るくなってきた。このエントリは馴れ合いのコミュニケーションに過ぎないのか?それとも「コンテンツ」なのか?

■そんなことは私にはわからない。アナタにもわかってたまるものか、と思う。

|

« 『ユリイカ』ブログ特集イベント | トップページ | 最近のお仕事 »

コメント

ちゃんとわかってないかもしれないけど、マスダさんガンガレ。名付けられない衝動最高。

投稿: ひょみ | 2005.05.03 22:43

出版業界はぬるま湯さ。

投稿: アレクサンダー | 2005.05.06 02:30

日々微妙に熱湯に近づきつつあるぬるま湯ね。
そのうち多数の茹で蛙のできあがり〜。

投稿: contractio | 2005.05.10 02:22

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンテンツかコミュニケーションか、対価はいくらか年収はいくらか:

» [musick][book]増田聡氏が自身のブログで [美しくはなれない。]
某界隈で話題沸騰(絶頂はもう過ぎたのでしょうか)している、そして僕はまんまと乗り遅れたユリイカ「ブログ作法」打ち上げトークショー問題の総括をアップされた(ようだ)。 http://masuda.way-nifty.com/blog/ の2005年5月3日を参照。僕の勘違いでなければ。 ミクシーで「誰もつっこんでくれない、、、」と嘆いていらっしゃったのだけれど、まず端的に言って、簡単に突っ込むには練られ過ぎているせいか文体が硬いこと、抽象度が高過ぎて何を言っているのかよくわからないところ、というか、そ... [続きを読む]

受信: 2005.05.10 01:19

» 【日記】流行語生成装置としての「はてなダイアリー」あるいはクネクネ肯定論 [Atahualpa]
■そして、「コンテンツ主義者」「コミュニケーション主義者」というレッテル貼りが開 [続きを読む]

受信: 2005.05.11 03:12

« 『ユリイカ』ブログ特集イベント | トップページ | 最近のお仕事 »