« 物象化と疎外 | トップページ | かつての友だった者へ »

2007.06.14

敬意を要求すること

誰からも敬意を抱かれぬ者ほど、周囲に敬意を要求する。このテーゼの対偶は、周囲に敬意を要求しない者であるほど、誰かからの敬意が期待できる、ということになるだろうか。前者が真理ならば後者も真理となろう。であるならば、誰かからの敬意を切実に欲望する者こそ、周囲に一切の敬意を要求しなくなるのだろうか。

そのような思考には、おそらく、「敬意一般」と「自分への敬意」との区別への配慮が欠けている。

敬意一般を周囲に強要することで、知らずして誰からも敬意を抱かれることなく尽きる者もあれば、自分への敬意を強要することで、敬意一般を「毀損する」ことに忙しい者もある。者への敬意。物への敬意。そして、自分の敬するものへの敬意の形式をこそ、敬意一般になぞらえ墨守せんとする者のさびしさを思え。

人生は面白い。不敬の私に容赦あれ。幸あれ。

|

« 物象化と疎外 | トップページ | かつての友だった者へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬意を要求すること:

« 物象化と疎外 | トップページ | かつての友だった者へ »